家を建てるときに未来の暮らしをあれこれ想像してみました。

私たちも手すりが必要になるときがくるかもしれないと考えました。

新築時に手すりは取りつけませんでしたが、
取り付けることを想定していました。

同居している母に、手すりが必要となりました。

想定していたお陰で、短時間で手すりを取り付けることをができました。



image


勿論取り付けたのは社長です。
もも(猫)の手も借りました。

専務
  
ひさとも建設有限会社
WEBサイトはこちらから>>

職人がものづくり魂を懸ける「ひさともの家」